サーバー選び(XSERVER編) – WordPressが重い!WILDWEST-SERVICEのサーバー移転日記

2015年 07月 15日

はてなブックマークはてブ
Google+1Google+
PocketPocket
サーバー選び(XSERVER編) – WordPressが重い!WILDWEST-SERVICEのサーバー移転日記

    WordPressが重い!

    姫路のホームページ製作屋 WILDWEST-SERVICEのサイトはWordPressを使用しています。

    ところがですね!重いんです!ここ最近!!

    もうすんごい重い!

    ちょっと真面目に記事書くようになったらこれだよ!

    とはいえ、WordPressがシステムとして重いわけではないみたいなんですよね。

    今までは「とりあえず動けばいいよ」ってカンジで月額200円くらいの格安レンタルサーバーで動かしていたので、正直そっちのほうがそろそろ限界なのかもしれません。

    え?「プロのホームページ製作屋が月額200円くらいの格安レンタルサーバーなんか使っていいのか」ですって?

    何言ってるんですか。プロだからこそ、「必要最小限」というものを見極めて不必要なコストを削減するんじゃないですか。

    まぁでも、本当そろそろ限界みたいなので、サーバーを引っ越そうと思います。

    どのレンタルサーバーにWordPressを移転するかが問題だ

    正直、今は全面リニューアルするほど時間に余裕がないので、現状のままWordPressを丸ごと移植しようと考えています。

    VPSは勉強用に1つ契約してあるんですが、正直なところメールサーバーとかDNSとか色々と不安がありまして、今回の移転はレンタルサーバーで探そうと思います。

    ほんと、WordPressのテンプレート製作とかAngularJSとか、フロントエンドの開発技術が伸びた代わりにバックエンドは完全に他の人にお願いしちゃってるからなぁ……。

    レンタルサーバーに限定してもめっちゃ多い!

    レンタルサーバーだけに絞って探してみたんですが、今すっごい数が多いんですよ。

    ちょっといっぺんに比較するのは大変だなーと思うので、1つ1つ記事にしながら情報を整理していきたいと思います。

    ネタになるしね!←ここ大事

    最初に検討するレンタルサーバーはX-SERVER(エックスサーバー)!

    エックスサーバー!きみに決めた!」

    ……あ、ちがうよ。契約っていう意味じゃないよ。ごめん。

    X-SERVER(エックスサーバー)は、月額1,000円からのプランで契約できるレンタルサーバーで、サーバーデータの自動バックアップやマルチドメインが無制限など、サービスが豊富なのが魅力です。

    記憶容量も200GBと多いし、MySQL5でデータベースを複数作れたり、ここで契約しておくと結構あとあと便利な状況も出てくるんじゃないかなーと思います。

    たとえば、ランディングページを作成する場合とか、キャンペーンサイトやプロモーションサイトを会社のサイトとは別に小規模で作成したい場合、ひょっとしてサーバー別契約しなくても大丈夫じゃない?と思うんですよ。

    今契約しているレンタルサーバーはデータベースを1つしか作れないので、WordPress1本動かすとけっこう制限かかっちゃうんですよ。(だから安いわけですけど)

    いま契約中のレンタルサーバーとX-SERVER(エックスサーバー)を比較してみる

    契約中の格安レンタルサーバー X-SERVER(エックスサーバー)
    月額 200円くらい 1,000円~
    容量 30GB 200GB
    転送量 特に定めはないが、大きなデータを通信させた場合にはすぐ止まる 70GB/日~
    自動バックアップ なし あり
    マルチドメイン 32個 無制限
    WordPressかんたんインストール機能 あり あり
    メモリ 1GB 最大96GB
    CPU Core 2 Duoなど 最新の16コアCPU
    SSH 利用不可 利用可能
    データベース MySQL5.0 1個 MySQL5.5(500MB) 1~50個以上

    X-SERVERのまとめ

    月額料金はやっぱり今契約中の格安レンタルサーバーが圧倒的に安いけど、機能と性能の面で見るとやっぱりX-SERVERは1,000円くらいの価値はあるなーと思いました。

    まだレンタルサーバーの検討1個目なのに、かなり心動かされてます。

    とはいえ、まだまだ始まったばかり!これから色んなレンタルサーバーを調べていこうと思います!

    この記事をシェアする

    はてなブックマークはてブ
    Google+1Google+
    PocketPocket

    この記事へのコメント

    このサイトをシェア

    このサイトをシェアするボタンです。

    各記事ごとのシェアは各記事のタイトルの下のボタンから。

    SNSのアカウントのページへのリンクは画面最下部のフッター内にあります。