既に AdWords アカウント(お客様 ID: )へのアクセス権があります。と表示されたら。

2011年 07月 08日

はてなブックマークはてブ
Google+1Google+
PocketPocket
既に AdWords アカウント(お客様 ID: )へのアクセス権があります。と表示されたら。

    ショッピングモールに出店していないネットショップでは集客の必須ツールとなっている検索連動型広告。

    なかでも有名なのがGoogleAdWords(グーグルアドワーズ)ですね。

    そのアドワーズで今回つまづいたことがあったので、同様につまづいている方がおられたらご参考にしていただきたい記事です。

    GoogleAdWordsのアカウント招待ができないときは

    外部の業者さんにアカウントの内容を見せて相談したり、社内の何人かで1つのアドワーズアカウントを共有して編集できるようにしたい場合に、『アカウント』タブの中の『アカウントのアクセス』から他のユーザーを招待することができます。

    アカウントのアクセス

    ところが、これを使っても何故かアカウントを共有できない事態が発生しました。

    招待されたユーザーのアカウントからログインしてみようとすると、こんな表示が表れます。

    既にアクセス権があります

    実はこの招待されたユーザーのアカウントでは既にアドワーズのアカウントを1つ登録してあり、別の案件の広告を管理している状態になっています。

    今回そこにさらに別件のアカウントを管理できるようにしようとしたのですが、1つのGoogleアカウントに対してアドワーズアカウントは1つしか登録できないようです。

    2件以上のアカウントを管理したいときはクライアントセンター(MCC)を使う

    クライアントセンター(MCC)を使用すると複数のアドワーズアカウントを管理できるようになります。

    ですが、実はこちらも既にアドワーズに登録されているアカウントでは使用することができず、クライアントセンターにログインしようとしても通常のアドワーズのトップページが表示されてしまいます。

    正しくクライアントセンターにログインできると下記のような画面になります。

    クライアントセンター

    現在のアカウントでクライアントセンターを利用するには

    さて、この状態からクライアントセンターを利用できるようにするためには、下記の2つの方法があります。

    1. クライアントセンター用に新しいGoogleアカウントを開設する
    2. 現在管理しているアドワーズ広告の管理を他のアカウントに任せて、現在のアカウントをクライアントセンター用に登録し直す

    1の方法は簡単です。新しいメールアドレスを用意して、そのアドレスでクライアントセンターに登録するだけで完了。

    2の方法もちょっと面倒ですが、わりとカンタンにできます。

    まず、新しいメールアドレスを用意します。これはアドワーズに登録していない、まっさらなメールアドレスです。

    次に、現在のアカウント(以下アカウントA)でアドワーズにログインし、前述の『アカウントのアクセス』を使用して新しいメールアドレスを招待します。
    ここまででいったんアカウントAはログアウトします。

    新しいメールアドレス宛に招待の通知メールが届きますので、中に書かれているURLをクリックし、アドワーズに登録してください。

    招待メール

    登録が完了してアカウントAの許可待ちになったら、いったんGoogleアカウントなどにアクセスして、アカウントBをログアウトしましょう。
    アカウントBをログアウトしておかないと、同一PCで作業した場合に次の工程ができなくなります。

    アカウントBで登録が完了したら再びアカウントAを使用してアドワーズにログインします。
    そして『アカウントのアクセス』でアカウントBからのアクセスを許可します。
    ここまでできたら、アカウントAをログアウトします。

    再度アカウントBでアドワーズにログインします。
    また『アカウントのアクセス』ですが、ここからアカウントAのアクセス権限を削除します。
    右端にある『操作』ボタンをクリックするとメニューが表示されるので、ここからアカウントAのアクセス権限を削除できます。

    blog-image

    アカウントAのアクセス権限を削除できたら、アカウントBをログアウトします。

    あとはクライアントセンター(MCC)にアカウントAで登録すれば完了です。

    カテゴリ:マーケティング

    この記事をシェアする

    はてなブックマークはてブ
    Google+1Google+
    PocketPocket

    この記事へのコメント

    このサイトをシェア

    このサイトをシェアするボタンです。

    各記事ごとのシェアは各記事のタイトルの下のボタンから。

    SNSのアカウントのページへのリンクは画面最下部のフッター内にあります。